cruise&atlas

インテリジェント・クルージングへ

作業するために姿勢から、思考するための姿勢へ。これからの知的創造作業には、頭脳だけでなく、身体の心地よさも欠かせない要素となります。PCワークが中心となる時代に、もっとも快適な執務姿勢とは何か?この問いにひとつの回答が生まれました。それは、身体工学の研究から生まれた「低座・後傾」という、集中とリラックスのための独創的なワークスタイル。
次世代のビジネスをリードしていく、プロフェッショナルのために。
オカムラから、まったく新しい知的創造スタイルの提案です。

低くリラックスした姿勢が、高い集中力を生む。知的創造の為の特別席。


よいリラックスが、よい集中力を生む。
まったく新しい発想から構築されたパーソナルワークステーション、それが〔Cruise&Atlas〕です。
今までにない低い着座姿勢に、理想的なリクライニングアングルを組み合わせたアトラスチェア。
状況に合わせて即座に天板の高さと角度を調整できるクルーズデスク。
そして、パーソナル空間を演出するラウンドパネルとオプション装備。身体への負担を軽減し、集中と思考を高いレベルへと導く、知的創造のためのワークステーションです。

身体工学というアプローチから生まれた、低座・後傾という独創的なコンセプト。

これまで書類やキーボードを見下ろすインプット作業が中心だったPCワークは、現在はディスプレイを見つめながらの思考作業が主流になり、その結果、画面と適度な距離をとるために上体を後ろに倒す後傾姿勢は多く見られます。オカムラはこの現象に注目し、作業のためだけではなく、思考のためのより快適なポジションの開発を目指しました。
人間の身体的特性を計測、解析して定量化し、そのデータを製品開発などに応用する身体工学により、Cruise-Atlasの理想的な作業スタイルが実現しました。

長時間リラックスが続く、低座・後傾ポジション

低座・後傾姿勢は、身体のリラックスした状態をキープすることで、より長い時間にわたって集中力を維持することを可能にします。従来のワーキングポジションである直立座位姿勢とAtlasの低座・後傾姿勢を比較した場合、その効果には大きな違いが見られます。


2時間パソコンを使って作業を行い、その間の着座姿勢の変化を測量。従来の直立座位姿勢よりも低座・後傾姿勢の方が、上半身や腰部の変動量が小さいことがわかります。


着座時の身体にかかる圧力の分布についてそれぞれ計測。低座・後傾姿勢は直立座位姿勢よりも背面の接触面積が平均で2.1倍増え、座面の高圧部が減少するという結果が得られました。

直立座位と低座・後傾それぞれの姿勢のときの足のむくみを計測。直立座位姿勢は時間の経過とともにむくみが大きくなったのに対し、低座・後傾姿勢ではほとんどむくみが見られませんでした。

快適なリラックスポジションを実現する、低座・後傾チェア。

Atlas Chair[アトラスチェア]の座り心地の良さは、その独特の低座・後傾姿勢だけにあるのではありません。
独自に開発したメッシュ素材と使いやすさを追求した機能・身体に優しいフォルム。それぞれが一体となってフィット感を高め、さまざまな体型にベストポジションを作り出します。


座面の下、両サイドにあるレバーで座面をスライドさせることができます。前後50mmの範囲での調整が簡単に行えます。


リクライニングは最大23°の範囲で調整が可能。左レバーの操作により、フリーロッキング及びお好みの角度での固定ができます。


リクライニングの硬さを無段階で調節できます。座面の右下にあるダイヤルを回すことで、簡単にお好みの強さに設定できます。


座面の右下にあるレバーを操作することで、58mmの範囲で座面位置の上下調整ができます。

 

後傾姿勢時の後頭部をやさしくしっかりと支えるワイドタイプのヘッドレスト。可動タイプ・固定タイプの2種類からお選びいただけます。


クロスには、快適で透明感のあるメッシュ素材を採用。心地よく身体をホールドし、体圧を分散させます。


ラウンドデザインが印象的な大型の肘パッドは、起立時のサポートアームとしての役割を果たします。

 

スタイルバリエーション

フレーム

座面

ポリッシュフレーム
ポリッシュフレーム
シルバーフレーム
シルバーフレーム
クッションタイプ
メッシュタイプ
メッシュタイプ
クッションタイプ

低座・後傾姿勢に即座に応える、独創的なデスク。

チェアだけでなく、デスクの形状も姿勢を決める重要な要素です。Cruise Desk[クルーズデスク]は、身体の自然な位置に合わせてスピーディーかつスムーズに調整が可能。いちばん楽な姿勢に合わせて天板の高さや傾斜角度を瞬時に変えることができ、ディスプレイアームを取り付ければ最適な位置に画面を簡単に移動できます。
腕や肩、首、目など身体への負担のトータル軽減を目指した、新発想のデスクです。


天板手前のエッジ部には、一体成型のソフトパッドを採用。手首を優しく安定させ、腕や肩の負担を軽減します。


サブ天板の高さは、120mmの範囲で調整可能。パソコンのハードディスクやデスクトップモニタ、ステーショナリーなどを置くことができます。
(床からの高さ:600mm~720mm)


ディスプレイアームにより、ディスプレイ位置を前後・上下・左右に調整可能。適切な視線角度を得られ、目や首への負担を少なくします。


パソコンやディスプレイなどの周辺機器の電源ケーブルなどを納められる配線ダクト。雑然としがちなデスクの足元をすっきりとまとめることができます。

 

メインの天板はラウンドフォルム設計。身体を深く入れることにより、腕や肩の負担が少なく、自然にデスクに向かうことができます。


メイン天板は、高さ600~720mm/角度10°の範囲で無段階調整可能。天板裏の左右ハンドルで簡単に操作できます。
(右:上下、左:角度)


周囲からの視線をほどよくさえぎる、メッシュのラウンドパネル。両側のパネルは連結部を支店に開くため、サイドテーブルなどのアレンジが可能です。